とは?
ABOUT

『読者=ビジネスパーソン』が選ぶ、"ビジネスに役立つ一冊"とは・・・

ビジネス書グランプリは、ビジネスパーソンが「読むべき本」を選出することで読書習慣を育て、出版業界を盛り上げたいという思いで2016年に第1回目を実施し、今回の「ビジネス書グランプリ2018」で3回目を迎えます。

私たちはコンテンツを本当の意味で評価すべきは読者だと考えています。また小説などのフィクションとは異なり、ビジネス書は読者が「価値がある」「効果的、実用的」「有意義、有益だった」と判断することが可能です。そこで、ビジネス書グランプリは、読者=ビジネスパーソンがその年に発売された本のなかから、一番有意義と感じたビジネス書を部門ごとに選定し発表する形式をとっています。

対象書籍

  • 2016年12月から2017年11月の間に日本国内で刊行された書籍の中から、各出版社が1社3冊までエントリ-
  • さらにグロービス経営大学院・flier(フライヤー)・協力書店の書店員が選書した書籍を追加
  • 各書籍はイノベーション、マネジメント、政治経済、ビジネススキル、リベラルアーツ、ビジネス実務の6部門のいずれか1部門に分類

投票方法

  • 各部門につき、読者がビジネスの現場で役立ったと感じた書籍に対して3票ずつ投票
  • 3票は各部門内で自由に投票可能。1冊に3票でも、3冊に各1票でも可とする
  • それぞれの部門で最も得票した書籍を部門賞、ノミネート書籍すべてにおいて最も得票した書籍を「ビジネス書グランプリ」として表彰

投票期限

投票開始は12月を予定。開始次第、当HP上でお知らせします。

【主 催】
  • グロービス経営大学院
  • Forbes JAPAN
  • 株式会社フライヤー
【協 力】
  • 株式会社大阪屋栗田
  • 株式会社新文化通信社
  • 株式会社トーハン
  • 日本出版販売株式会社
  • 株式会社文化通信社
  • 文化放送 The News Master Tokyo
  • 毎日新聞社デジタルメディア局
読者投票
はこちらから
主 催
協 力
(50音順)